表題登記課:建物に関する業務

  • ① 建物を新築した
  • ② 建物を解体した
  • ③ 建物を増改築した
  • ④ 附属家を新築した又は解体した
  • ⑤ 宅地以外の土地に建物を新築した

上記のような場合は、弊社にお任せ下さい。
年間数百件の登記実績に基づくノウハウを活用し、皆様のお役に立てます。

登記は不動産取引の安全性の担保並びに円滑化に欠かすことの出来ない制度です。
特に土地や建物の物理的現況についてされる「表題に関する登記」は、一部を除き、不動産登記法により所有者に対し申請義務が課せられております。建物は土地に比べて存続期間が短く、生活スタイルや家族構成の変化、補修等により物理的に様々に姿形を変えていきます。その都度、登記をすることにより皆様の大事な財産を守ることが出来ます。

弊社はそのお手伝いをさせて頂きます。まずは、お気軽にご相談下さい。

建物に関する代表的な登記の目的

建物表題登記
建物を新築した場合
建物滅失登記
建物を解体した場合
建物表題変更登記
建物を増改築した場合
附属建物新築登記又は建物表題変更登記
附属家を新築又は解体した場合
土地地目変更登記
宅地以外の土地に建物を新築した場合
建物に関する業務:表題登記課
お問い合わせ窓口お問い合わせフォーム
トップへ戻る