土地家屋調査士の業務内容

不動産の表題登記を行う専門家

1. 不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査及び測量

土地家屋調査士は、不動産の物理的状況を正確に登記記録に反映させるために、必要な調査及び測量を行っています。

2. 不動産の表示に関する登記の申請手続についての代理

土地家屋調査士は、依頼人の求めに応じて不動産の表示に関する登記の申請手続を代理します。不動産の物理的な状況を登記簿に反映するために、調査・測量の結果を踏まえ、建物を新築した場合における建物の表示の登記、土地の分筆の登記等の登記申請手続を行います。

3. 不動産の表示に関する登記に関する審査請求の手続

審査請求とは、不動産の表示に関する登記についての登記官の処分が不当であるとする者が(地方)法務局長に対して行う不服申立てをいいます。

4. 筆界特定の手続についての代理

隣地との境界が不明な場合、又、隣地より確認の協力を得られない場合、法務局へ筆界特定の申請を行います。

当事務所は、測量課、建物表題登記課の2課を置き、お客様のお手伝いをさせていただきます

土地に関する業務:測量課
建物に関する業務:表題登記課
土地家屋調査士業務内容土地家屋調査士業務内容土地家屋調査士業務内容
お問い合わせ窓口お問い合わせフォーム
トップへ戻る