お知らせ 建築設計 開発設計 不動産鑑定 土地家屋調査士 司法書士 行政書士

{$title}

土地家屋調査士

正社員募集のお知らせ ※募集は終了しました

測量の求人内容 業務内容 土地家屋調査士業務の補助 以下のような業務を行っていただきます。 測量業務 CADソフトを使用した図面作成 その他土地家屋調査士業務の補助 雇用形態 正社員 資格・条件 学歴不問 業務経験があり、測量士…

パート社員募集のお知らせ ※募集は終了しました

測量課ではパート社員を、下記ページのとおり募集しています。 ご希望の方は、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。 募集要項はこちら ※募集は終了しました

国土調査後の地図で1つの区画の中に複数の地番が「+」により記載してあるのはどういうことですか?

地籍調査の際、様々な理由により境界を確認することができず「筆界未定地」として処理された土地です。1つの区画に3つの地番「+」を用いが記載されていれば、その区画の中に3筆の土地が存在するが、それぞれの土地の位置、形状は不明だということです。 この状態…

登記はいつ頼めばいいの? 所要時間は?

表題に関する登記は物理的現況の変動の事実を登記記録に反映させる手続きです。従って、新築や解体・増改築等の工事が完了してからでないと出来ません。但し、依頼を頂いた時点で既に工事が完了していてもすぐに登記が申請出来る訳ではありません。弊社による現地調…

公図によると今住んでいる家の敷地内に「道」が横切っているようです。払い下げを受けようとしたときどのような登記手続きが必要ですか?

使われなくなった(用途が無い)旧里道や旧水路で、宅地や田畑の一部になってしまっているものは、払い下げを受けることが可能です。こういった土地のほとんどは地番が無い為、払い下げを受けた場合には、土地の表題登記を申請しなければなりません。

土地の境界には2種類あると聞いたことがありますが、どういうことですか?

土地の境界は「筆界」と「所有権界」に分類することができます。 「筆界(ひっかい)」とは、法務局に登記されている地番と地番の境のことで、個人の意思で勝手に変更することはできません。筆界は法務局に備え付けられている図面で確認することができ、「公法上の境…

土地家屋調査士法人中央グループ測量課(1995年入社)

頭や気を使い・技術をもって・体力勝負 仕事内容は、クライアントからの相談に対応し、必要な調査・測量作業、作図、登記書類作成、ざっと挙げると以上になります。私の所属する測量課ではこれらの業務をある程度、分業しております。また、今年度から土地家屋調査…

建物を新築しました。名義や持分はどうやって決めればいいの?

原則的には建物本体工事額(施工業者と交わされた工事請負契約額)を誰が、どのような割合で支払いをするのかで決定します。但し、住宅ローン等の金融機関からの借入れの有無や、親族からの援助(贈与)や借入れの有無などの個別の事情により、名義や持分の決め方は…

登記の費用はどれくらい?

登記の目的や建物の棟数・床面積等の様々な要因により増減がありますが、弊社では登記業務の受託後、委任状への署名・押印を頂く際に御見積書をご提示申し上げます。詳細につきましては、担当者にお問い合わせ下さい。
トップへ戻る