お知らせ 建築設計 開発設計 不動産鑑定 土地家屋調査士 司法書士 行政書士

{$title}

開発設計

新潟市内において市街化調整区域内でも宅地分譲ができる場合があるそうですが、どのような場合ですか?

既存集落区域において認められる場合があります。 大規模開発・地区計画等の区域は含みません。 3000㎡以上の空閑地は適用されません。 開発面積に制限があり3000㎡未満です。 区画面積にも制限があり、非自己用の住宅は最低敷地面積が165㎡(約50坪)となります…
トップへ戻る