お知らせ 建築設計 開発設計 不動産鑑定 土地家屋調査士 司法書士 行政書士

{$title}

新潟市内において市街化調整区域内でも宅地分譲ができる場合があるそうですが、どのような場合ですか?

既存集落区域において認められる場合があります。 大規模開発・地区計画等の区域は含みません。 3000㎡以上の空閑地は適用されません。 開発面積に制限があり3000㎡未満です。 区画面積にも制限があり、非自己用の住宅は最低敷地面積が165㎡(約50坪)となります…

公図によると今住んでいる家の敷地内に「道」が横切っているようです。払い下げを受けようとしたときどのような登記手続きが必要ですか?

使われなくなった(用途が無い)旧里道や旧水路で、宅地や田畑の一部になってしまっているものは、払い下げを受けることが可能です。こういった土地のほとんどは地番が無い為、払い下げを受けた場合には、土地の表題登記を申請しなければなりません。

相続による名義変更はいつまでに終わらせなければなりませんか? また、どのくらいの期間で終わりますか?

相続による土地・建物の名義変更には、相続税申告のような期限はありません。しかし、名義変更をずっと放置しておくと、相続人の相続がまた発生し、どんどん相続人が増えていきます。私がご相談を受けた事案の中には、明治時代から相続手続をされていないお客様もい…
トップへ戻る