お知らせ 建築設計 開発設計 不動産鑑定 土地家屋調査士 司法書士 行政書士

{$title}

合併及び役員就任に関するご案内

合併及び役員就任に関するご案内
お知らせ2017126

コラム~第三者のためにする契約の応用例~

今日は、第三者のためにする契約の応用例について記事を書きました。いわゆる「中間省略登記」というものです。 例えば、AからBへ不動産を売却し、BからCへ転売する場合、通常、AからBへ所有権移転登記、そして、BからCへ所有権移転登記を行いますが、この場合、Bには…
司法書士コラム201798

コラム~社会福祉法人との不動産取引~

社会福祉法人が、その事業の用に供する土地や建物を取得する場合、所有権移転登記や所有権保存登記に必要な登録免許税が免除されます。この場合、登記の申請に際しては、 「登録免許税法別表第3の10の項の第3欄の第1号に掲げる登記に係る証明書」 という非課税…
司法書士コラム201798

株主変更のお知らせ

当社は、平成29年9月1日をもちまして、株式会社エスクロー・エージェント・ジャパン(コード番号6093 東証第一部、以下「EAJ」)が当社の発行済み株式を取得したことにより、EAJの100%子会社となりましたことをお知らせいたします。 EAJグループの一員にな…
お知らせ201791

コラム~遺言書を作成する場合、自筆で作成するか、公証人役場で作成するか、どちらにすべきでしょうか?~

遺言書を作成する場合、自筆で作成するか、公証人役場で作成するか、どちらにすべきでしょうか? ※(結論)公証人役場で作成した方がよいと言えます。むしろ、そうすべきです。 まず、自筆で作成する遺言書を自筆証書遺言といいます。(民法第968条。以下、条文だ…
司法書士コラム2017725

正社員募集のお知らせ

横浜オフィスにて正社員を、下記ページのとおり募集しております。 ご希望の方は、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。 募集要項はこちら
求人情報お知らせ201773

パート社員募集のお知らせ ※募集は終了しました

測量課ではパート社員を、下記ページのとおり募集しています。 ご希望の方は、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。 募集要項はこちら ※募集は終了しました

ホームページリニューアルのお知らせ

平素は格別のお引立てを賜り、誠にありがとうございます。この度ウェブサイトのリニューアルを行いましたことをご報告致します。 お客様にとって「使いやすく」、弊社からの情報発信を「分かりやすく」するウェブサイトにするため、レイアウトやデザインを変更致しま…
お知らせ2017428

土地の境界には2種類あると聞いたことがありますが、どういうことですか?

土地の境界は「筆界」と「所有権界」に分類することができます。 「筆界(ひっかい)」とは、法務局に登記されている地番と地番の境のことで、個人の意思で勝手に変更することはできません。筆界は法務局に備え付けられている図面で確認することができ、「公法上の境…

土地や建物を売却したいのですが、登記手続で必要な権利証(登記識別情報)を紛失しました。どうすればよいでしょうか?

権利証(登記識別情報)を紛失された方の場合、主に次の2通りの手法で対応致します。 ①事前通知 登記を受け付ける法務局へ、権利証(登記識別情報)を提供せず、登記申請を行います。その後、法務局より、売主様へ、本当にご本人様でお間違いないですか? という…
トップへ戻る