{$title}

コラム~士業の報酬について思うところ~

司法書士コラム201741

皆さんは士業(弁護士、税理士、司法書士など)の報酬についてどのようなイメージを持たれていますでしょうか?一般的には高いという認識があるのではないかと思います。

それは士業の敷居が高いということと、昔の(今はそうでもない?)高額な報酬を請求する弁護士ドラマなどによる影響もるのではないかと思います。

そして特定の業種の方を除いて、一生に数回程度しか士業と関わらないことがほとんどで、相場というものがあまりないため、報酬は事務所次第で、高いか安いかわからないと思います。同業者ですら他事務所の報酬について知らないこともよくあります。

一般的に、物やサービスの価値は、何か基準となるものさしがあって、初めて高いか安いかという判断ができます。つまり、他事務所との比較を通して初めてわかります。この比較という意味で言えば、当事務所はおそらく平均よりも安いといえます。

なぜ安くできるのか? といいますと、私司法書士はもちろんですが、弁護士、税理士なども、基本的には仕入れというものがなく、原価がほとんどかからない仕事です。従って、業務効率をあげ、数をこなせばこなすほど、売上は上がる業態ともいえます。売上が上がれば、個々の単価を安く抑えることができ、結果として、お客様からも安心してご依頼頂けるという、良い循環になります。

当司法書士事務所は、紛争性のない法律上の事務手続(登記など)を、安価に提供できるサービスを日々考えております。これはお客様が安心してご相談できるような事務所でありたいという想いでもあります。そして、県内全域で数多くの業務に対応しておりますので、遠方での仕事も兼務でき、交通費などの経費を抑え、安価にできるのです。

新潟には、徹底した無駄を省き、一杯200円の価格でカレーを提供している飲食店があります。また、大手飲食チェーン店の某イタリア料理店も、お客様の用途に合わせ、主要なメニューに特化し、低価格でイタリアンを提供されています。

当事務所は飲食店ではありませんが、無駄を省き、主要な業務は登記手続に特化しております。しかし、不動産登記の中でも、高齢者との取引、外国人との取引、農地取引、任意売却、(第三者のためにする契約による)中間省略登記、区画整理、再開発など、不動産取引を対象としたお客様には、特化しているだけに専門的なサービスを低価格に行うことができるのです。

不動産のご名義の変更やご相続などの手続きをできるだけ費用をかけずに、安心して済まされたいというお客様はぜひ一度当事務所までご相談ください。

士業に誇りは持っても、決してあぐらをかかない。当事務所はお客様の安心、喜び、感動をいつも大切にして業務に取り組んでおります。

トップへ戻る