{$title}

セミナーを開催しました

司法書士お知らせ2018529

司法書士の田邊智得です。

セミナー講師の依頼を頂きまして、5月13日(日)に新潟市内にてセミナーを行いました。
テーマは、「知って得するマンション購入セミナー」です。

マンションの購入前、購入時、購入後それぞれの時期に応じて、知って得することや注意すべきことなど幅広い内容(セミナー資料の目次は下記のとおり)でお話をさせていただきました。受講者様にとって少しでもお役に立てていると幸いです。このたびはご多用のところご来場くださいまして、ありがとうございました。また、貴重なご質問も多く頂きまして、感謝申し上げます。

さて、ありがたいことに年に数回、「セミナーで講師をしてもらえませんか?」というお話を頂いております。
同じ士業の先生やそれ以外の方でも、セミナーやプレゼンをされることはあるかと思いますが、そのとき、よいセミナーやプレゼンを行うポイントについて、自分の考えをまとめてみました。

  1. 自分が伝えたい内容ではなく、オーディエンスに関心のある内容を話す。
  2. 教科書的なことはあまり話さない。生の声や自分が体得したことを話す。
  3. 知性だけではなくユーモアを交えて話す。(さりげない笑いをとる。これが中々難しい)。
  4. 目線をオーディエンスに向ける。パソコン・レジュメ・スクリーンばかり見ない。
  5. オーディエンスの表情や雰囲気を感じながら、ボリュームやテンポなどを調整する。

セミナーやプレゼンを行う場合、予行練習を2回ほど行いますと、話の内容も事前によく整理できるようになると思います。本当によく出来ますと、オーディエンスの方々の背筋も伸びて関心を感じ、場と一体となり、セミナーやプレゼン終了後、血湧き肉踊るような快心の出来にもなります。
以前、私が参考にさせて頂いた書籍を掲載しておきます。もし、セミナーやプレゼンなどで悩まれていらっしゃる方がいましたら、参考にされてみてください。

NTT出版株式会社発行の『パブリックスピーキング 人を動くかすコミュニケーション術』

最後に受講者様のセミナーについての感想を一部抜粋して掲載いたします。

(受講者様の声)

今まで、不動産業者の主催する、不動産業者が説明する勉強会は、ためになることもたくさんありました。ですが、良いことは言うけれど、良くないことは言ってないような気がするなぁと感じることもありました。不動産屋さんも商売だから、仕方ないのかもしれませんけど…。(ですが、業法違反になりかねません!)

今回のセミナーは、司法書士のお仕事の経験からのお話しで、不動産業者特有の偏りが無く、ローンの審査から税金・信託・相続・投資、それから不動産購入から購入後、その先までと、実際にマイホーム購入を検討されているお客様、また既にマイホームをお持ちの方にとっても、知って得する充実した内容であったと思います。
たいへん勉強になりました。ありがとうございました。

トップへ戻る